MISO style.com
結婚から1年目で愛娘が誕生♪ ソウルから戻って日本で新しい生活がスタート!! たくさんの思い出が色褪せないように・・・気の向くまま ちょこっと書いてます★ 

学校の暗黙ルール

2006年09月29日 (金) 14:58 |
久しぶりの更新です

ソウルはすっかり秋の空ですヨ
日本はどうですか??
朝晩は寒いし、昼間はカラッといい天気 
風も冷たく感じます・・・が、韓国人は唐辛子&ニンニク効果で体内が燃えているのでしょうか? 
まだまだ半袖で頑張ってる人も多いなァ。 
蚊も過ごしやすくなったのか、最近益々増えてきました
最近の蚊は頭いい 殺されないように床や机の脚に止まってる!
でも、私、100発100中逃しません 


ちょっと聞いた話をひとつ。
小学生のお母さんから聞いたのですが、小学校のビックリな暗黙のルールを紹介します。

韓国では貧富の差がまだまだ激しく、お金持ちは益々お金持ちに、貧乏は益々貧乏になっていくような社会らしいです。
例えば・・・やっと最近、ここ数年で一般企業による生命保険などがお手頃な掛け金で普及してきて、庶民も保険に加入いてきているそうです。
と、言っても、国の健康保険に加入していても歯医者は保険が利かないし(超高い!!歯石を取るだけで7000円、虫歯の治療は数万円) 
手術代も、高度な手術ほど保険が利かなくなってるらしく、結局手術費が払えないので庶民は諦める結果となる事もあるとか・・・
リッチな家庭ほど守られてる社会らしいのですが、なんと、小学校内でも信じられないルールがあるんです!

もし、自分の子供が学級委員長になったら・・・
親はクラス全員の子供達に贈り物をしなければならないそうです。
ちょっとした物でいいらしいですが・・・信じらんない
それとか、クラスのカーテンなど古くなっている物を新潮してあげなきゃならないそうです!
なので、そのお母さんは 「絶対、学級委員長にはならないで!」 って子供に言い聞かせてるそう。

でも、まだ学級委員長止まりならマシと考えなきゃいけない。
もし、これが生徒会長になったら・・・
学校に寄付金とか、莫大な負担がくるそうです!
これって公立の小学校の話ですよ〜っ!

旦那さんの友人宅も来年一人娘が小学校にあがります。
その友人宅は親が開業医で、山やビルも持っているような大金持ち。
なので当然の如く、子供を私立に行かせて高度な教育を受けさせると話してました。
が、ココでもびっくり
なんと、私立に行ったら、担任の先生に贈り物や個人的にお金を送るそうです!!
コレって・・・あかんのちゃうん!?
そうすると、先生から良い対応をされて子供がのびのび教育を受けられる・・・ということらしい。 

まだまだこんな不平等な事がはびこってる社会だなんて・・・
子供ができたら、韓国じゃ育てたくないな〜ぁぁぁぁぁぁ 


昨日の続き・・・夜のひととき韓国風

2006年09月06日 (水) 18:10 |
・・・という訳で、昨日の続きを 

と、その前に、なんと今朝から突然の水道管工事 が始まった
昨夜帰宅すると家の前の道がデコボコに掘られてる!?
そして今朝8時頃から工事開始  ガガガーーッ ゴゴゴーーッ
そのお陰で朝から水が出ない・・・  ガーン

とりあえずトイレは我慢して、冷蔵庫の中のミネラルウォーターで洗顔を済ませ
昼前から旦那さんの友人宅へ避難してトイレ を拝借するハメに。 トホホ

事前のお知らせが無かったのよ〜ぉ! 日本じゃ有り得ない。
しかも、真っ昼間にするなよ!! 夜中にコソコソしれくれりゃいいのに。
・・・って思ったけど、その工事、すんっごい工事 なの!
家の前の道が全部掘り返され、大人のおじさんがすっぽり入る高さの穴が
全長30m以上。 
しかも掘り返した土が山のように積み上げられ、それも全長30m以上に続いてる。
その土の山の上を通って家に入らなきゃいけない。

どう見ても今夜中には終わるはずがない・・・
と、言うことは・・・  
ご飯の支度も出来ないし、シャワーも浴びれないし、トイレも出来ない

夏休みが終わって明日から出勤する旦那さんの為にも、友人宅で一晩過ごした方がいいかもね・・・


で、昨日の続き

ソウル市内を一望できるタワー 『ソウルタワー (ナムサンタワー)』 までドライブ に行きました。
ソウルタワー



タワーは山の上にあるんだけど、その山 (ナムサン) の駐車場でびっくりな事が!
管理のおじさんが 「今日は火曜日だから、あんたらはココに停められないよ〜、どっかに停めてバスで来な〜」 って。
えッ!? なんで!?
平日の夕方で駐車場はガラガラなのに、追い出されちゃった

よく看板を見ると、曜日ごとに “停めちゃいけないナンバー” が決まってる!!
火曜日は 「2・7」 ・・・我が家の車のナンバーは 「6422」
運悪く、下一桁が 「2」 なのです

観光地だから、観光バス優先で一般車に規制かけてるみたいです。
(今後、レンタカーで行く方は要注意!)
仕方なく、目の前の高級ホテルに駐車して、バスで山を登りました。

夜景になるのを待って、タワーの2階にあるイタリアン・レストランへ
タワーの軸を囲むような円形のレストランは (よくありがちだけど)
全面ガラス張りで、夜景 を楽しみながら食事が出来ます。

韓国のイタリアンに期待をしていなかった私だけど、外見がオシャレだったので挑戦

満足気に食べる旦那さん と 生のサーモンさん    →  久々のまともなイタリアン


超久々にヒットな味
韓国でまともなイタリアンを初めて食べました!
コース料理を一つと、ステーキを単品オーダー
フォカッチャにも、ちゃんとオリーブオイルが付いてきたし、
前菜にはなんと、シャリシャリじゃないサーモンのマリネが!!(超レア物!
しかも、モッツァレラチーズとトマトのサラダまで付いてる!!
スープもマッシュルームのクリームスープで、涙が出てしまうほどのまともな味!
パスタはチョイスして、ロブスターのクリームスパゲティに
コレまたビンゴで トッピングのロブスターにもたっぷりの身が入ってる!
(見たとき、殻だけ?と思ったんだけど・・・)
でも、ちょっとお味の方は、韓国人向けに少々ガーリックがキツ過ぎだったけど、でも許容範囲内!
ステーキは “いいお肉” とは言い難かったけど、まぁまぁ美味しかった

でも、ちょっと・・・何かオマケが付いて来た
出たーーーーッ  韓国お決まりのスタイル
スパゲティーにもピザにも欠かせない


『キュウリの酢漬け』   →   こ洒落たイタリアンも韓国風


ま、いつもだいたい “キムチ” か “ピクルス” が付いて来るんだけど
今日は “キュウリの酢漬け”
 
しばらくの間は、ココが韓国であることを忘れていたのに、やっぱりコレを見て、ココは韓国だ・・・って痛感させられました

卒業

2006年09月05日 (火) 23:56 |
韓国へ来てから全く韓国語が喋れなかった私 
でも、最近ちょっと話せるように・・・なりつつ・・・ある。

それもこれも、今日まで3ヶ月 (たったの) 通った 『延世大学語学研究院』 のお陰 

この語学堂 (韓国語で“オハクタン”) は、韓国の中でも一番厳しくて、宿題が多くて優秀な先生が揃ってる、と有名な語学学校
日本でいう、早稲田・慶応クラスの 『延世大学校(ヨンセテハッキョ)』 の中にあります。
韓国映画 の 「猟奇的な彼女」 に出てきた大学でもあり、他にもたくさんドラマや映画に出てるらしい。
実際、芸能人やモデルの撮影にもよく使われてます 

で、初歩の初歩 “レベル1” を今日卒業しました〜っ!!
(正確には、「修了」 と言うのかな??)

単なる紙切れだけど、大切に保管しときまーす   →   修了証書


  ↓  これは “レベル6” を修了してペラペラの人達の写真撮影を盗撮!    チマチョゴリ姿が華やか!


気になる成績は・・・トータルで

マラギ (会話力)     → 
トゥッキ (ヒアリング力)  → 
スギ (筆記力)       → 
イルキ (読解力・発音)  → 

なかなかじゃ〜ん  えへへへへへ〜
ちょっと マラギC が痛いけど 主婦業兼ねての勉強なら、ま、こんなもんでしょ。
しかも、後半は諸事情により半分以上が休み&遅刻だったにも関わらず、よく頑張った私 

という訳で、夜は旦那さんと久々のデート
ソウル市内を一望できる 『ソウルタワー (ナムサンタワー) 』 へ行って夜景を観ながらの
スペシャルディナー

ごめんなさい、ちょっと眠い ので今日はこの辺で・・・
続きはまた明日
to be continued ・・・・



イルボン・チンムル

2006年09月04日 (月) 00:01 |
昨日、旦那さんと  『日本沈没』 を観てきました
もしかして日本では上映がもう終わってるかな??
(ちょっと話題が古かったらゴメンなさい


韓国に来てから、5月に  『MI:3』 を観て以来の映画。
6月から上映していた  『スーパーマン』 も観たかったけど、
8月頭に映画館へ行ったら、なんともう終わってた・・・
韓国では、輸入物 (変な映画じゃないヨ) はたったの1ヶ月くらしか上映しないんだって。
国産の映画は、何十日も上映するって国からの支援みたいな規則があるのに・・・
お国柄が出るね〜ぇ。

さて、『日本沈没』 、韓国語で 『イルボン・チンムル』 なんだけど
なかなか邦画にしてはお金掛けたのね・・・って感じで私的には映像に関しては結構リアリティーがあって面白かった。
でもストーリーはちょっと 「うまく行き過ぎだろ」 って気もしなくもなかったかな。
うちの旦那さんは、隣りでケラケラ笑ってうるさい程だったよ。
たぶん、地震が無い韓国の人たちにとってみれば 『インディペンデス・デイ』 とか 『アルマゲドン』 類の 「アメリカ が世界を救ったぞ〜 アメリカばんざ〜い」 の映画を観る感覚と同じなんだろうな。

でも、日本は日本しか救わなかったけどね (とっても謙虚だねぇ)
まぁ、確かに最後は・・・(あ、まだ観てない方の為に言わないけど)
終わってみると 『アルマゲドン』 のパクリ!? みたいな・・・


因みに、映画館に今後の上映スケジュールがあったんだけど
『電車男』 が9月7日から上映されます!!
ずいぶん遅くない?? 
こんなに期間が空くこともあるんだね。知らなかった。


『ユナイテッド93』 も 『ワールド・トレード・センター』 も観たいなぁ


そう、そう、こっちで毎週かわかんないけど、土曜の夜に 『踊る大捜査線』 のスペシャル版とかよくしてるんだよ。
旦那さんが結構ハマってて、私も日本ではあんまり観たことなかったけど
こっちへ来てよく観てます!

韓国のドラマって、「家族愛」 「障害を越えた純愛」 とかしかなくて、
ほんっとつまんない。 退屈

刑事物も、サスペンス物も、医療関係や政府を皮肉ったものや、ミステリィーや・・・そんな物はありません。
儒教の教えが根底にある表面は 「清い国」 なので、恐らく殺人物とかは絶対に有り得ないのだと思います。
因みに、TVでは子供の “オ○ン○ン”(裸んぼ) にさえボカシが入りますから。
映画ならベッドシーンもキスシーンも、結構激しくOKなんだけど
TVでは、放送禁止のラインが厳しいみたい。 
だからその分、映画の中では激しくなるのかな??
 
だから、 『踊る大捜査線』 が新鮮なんだって。
笑いあり、警察の内部状況あり、ちょっと涙あり、人情あり・・・
「日本に来たら、いろ〜んな種類のドラマが見れるよ!」 って自慢しときました〜 

ファイアー!!!

2006年09月01日 (金) 23:12 |
ほんと、ついさっき。
今は22時半くらいだけど、22時前に近所で火事発生!!

私は、MC響子のブログや、友人AKIのブログにコメントを書くのに夢中になってた・・・
書き終えた時、なんか異様にうるさい救急車の音が近所で止まった!
しかも、車のクラクションも何度もしつこくて・・・ちょっとおかしいな〜ぁ
なんて思って、旦那に、「ちょっとおかしくない?」って言いながら窓を開けたら
外はえらい騒ぎになってる!?

え〜っ! 何〜??!  って二人で玄関を出た・・・その時!!
ガッシャーーーンッ!! バリバリバリーーーッ! 
って音と同時に吹き上がる激しい炎が目に飛び込んで来たーーーっ!!

わずか200mくらい先(?)のアパートからモクモクと上がる黒煙と
夜の空を明るくするほどの大きな炎
ちょうど爆発をした瞬間だったのだ・・・怖〜い
まだ数台の救急車 とパトカー しか来てなくて、消防車 を待ってた時だったみたい。
で、ちょっとして消防車が続々やって来て・・・初めて見ました、消火現場!
旦那さんがどんどん近づいて行くもんだから、怖くて、怖くて・・・
消化に入る直前にもまた爆発! ってことは有毒ガスが!?
なのに、風向きが逆だから大丈夫! って近づく旦那・・・

→ だいぶ火が落ち着いた時にパシャッ    消火現場・・・見えるかな?
  


何でも興味はあるのはいいが、もう帰ろうよ〜・・・って感じ。
その後もそのアパートの周りを一周して帰りました (なんでやねん!?)

実は、この目撃で 「怖い」 って感じたのには、ちょっとした訳が・・・
もう5、6年前の話。
大阪での仕事を辞めて岡山へ帰って、プー太郎だった時。
隣りの家の台所からボヤ が出たんです。
それを見つけたのは、うちのお母さん。 で、走りながら「119119
って息を切らし気味で叫びながら慌てた様子で帰ってきた。
私はとりあえず119番へ通報 ! 
『うちに火の手が来たら超困る〜ぅ!!!』 って思い (隣りの家の心配より我が家の心配をしてしまった)で、消防車が来るまでになんとかしなきゃ!って、公会堂に集まる町内のおじさん連中を呼びにサンダル履いて走る走る!
(たぶんこの時の速さは高校生並みだった気がする・・・)

町内のおじさんも一緒に走って隣りの家へ!! 町内の消防団も駆けつけた!
私のお父さんがまず家に飛び込み、台所で消火器を!
私も家にずかずか入り、家中の窓を開けて、煙を外へ! 
(この対処が良いのか悪いのかは、まったくわからず・・・)
その時、消防車が来たけど、そのお宅のオバサンの車が邪魔で近づけない!
しかも、その車はミッション ! 
で、誰もすぐ運転できないので私が裸足でミッションを運転して移動させ、何とか消防車も家の前へ。

でも、その時にはすでにお父さんと私の活躍でボヤが収まっていたのでした

必死の思いで (我が家への二次災害を心配する思いで) 消火活動をした私たち親子なのでした。
必死だったけど、考えたら危険。 
だって火は大きくなくても、ものすごい煙で、お父さんも私も
その後しばらくは肺の辺が苦しくてゴホゴホ咳が出てた。
特にお父さんはね、かなりの煙の中で消火してたから・・・無事で何より。

で、この時の怖さを思い出しちゃって、余計に今夜の火事が怖く感じられたんだよね。
最近ソウルでは、湿気が全然なく快適な夏を送っているので、火事が起こりやすいのかも。 
今夜のニュースでも、今日市内の中心部でビル火災があったってやってた。

とにかく、皆さんも火の元には十分注意してお出かけを!!

Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.


Copyright © 2007 MISO style.com all rights reserved.